宇都宮LRT研究

芳賀・宇都宮LRTと公共交通について

ユーザ用ツール

サイト用ツール


交通系icカード

交通系ICカード

宇都宮LRTでは、地域ポイントや高齢者福祉・障害者福祉のサービス、バスや地域内交通(オンデマンドバスなど)との乗継割引のサービス、高い輸送力の実現などのために、Suica と 2in1 の独自の交通系ICカード totra を導入します。(See also totra 公式サイト)

totra の特徴

  • JR東日本およびソニーの、 Felica OS 拡張により Suica と独自カードの 2in1 で使える、地域連携ICカードです。
  • それにより、全国の鉄道やコンビニなどの店舗で、 Suica として使え、また、チャージ出来ます。
  • totra エリアでは、 Suica や、 Suica と相互利用の PASMO などの交通系ICカードが使えます。
  • totra エリアは、宇都宮LRTや、関東自動車およびJRバス関東宇都宮支店・西那須野支店のバスです。宇都宮市の地域内交通(住民向けのオンデマンド交通など…)でも2022年9月1日から使えるようになりました。
  • totra エリアで使うと2%の交通ポイントがつき、料金以上にポイントが貯まっていると、ポイントで料金を支払えます。
  • 平日午前9時から午後4時の間交通系ICカード(Suica なども可)でバスに乗ると、上限運賃制度400円が適用されます。
  • 交通系ICカード(Suica なども可)で地域内交通(原則300円)とバスを乗り継ぐと、乗継割引200円が適用されます。
  • totra には、バス定期券の利用区間や有効期限が印字されず、乗務員が確認出来るように、買い求めた際に発行される「定期券内容控え」を、一緒に携帯する事が求められています。
  • totra は地域連携ICカードなので、totra 地域の定期券とJR東日本の Suica の定期券をまとめて載せる事ができます。totra 公式サイトでは、 totra でバス定期券を求めてから、JRで Suica 定期券を求めるよう案内されています。
  • Suica と同様、JREポイントに登録してJREポイントを貯められます。(ソース)
  • 記名式 totra 限定ですが、宇都宮市の高齢者や精神障害者への交通費助成が、宇都宮地域のLRTやバスだけで使える、年度内のみ有効な福祉ポイントとして扶助され、そのポイントで料金を支払えます。福祉ポイントは交通ポイントに優先して利用されます。
  • 記名式 totra には障害者用 totra があり、障がい者(身体・療育)専用に発行されます。 totra エリアではあらかじめ割引運賃で精算されます。

宇都宮市のバスの上限運賃制度

  • totra や Suica などの交通系ICカードを使い毎日(土日・祝休日を含む)午前9時から午後4時の間(時刻表上の到着時刻が基準です。遅延の場合は運転手への問い合わせが必要です。)に、宇都宮市内でバスの乗り降りをすると、1乗車あたりで支払う運賃の上限が400円になります。

https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kotsu/kokyo/1027055.html

交通系ICカード導入の経緯

当初は単純に Suica を宇都宮LRTとバスに導入して、そこに地域独自のサービスをつける考えでしたが、それが不可能なのが判明したため、地域独自の交通系ICカードを導入する事にして、地域外からの乗客もそのサービスなしで Suica や PASMO など(交通系ICカード全国相互利用サービス参照)を利用出来る Suica 片利用の方針に切り替わり、2018年にバスで先行導入される予定になりました。

それが、JR東日本の Suica と地域独自カードと 2in1 の交通系ICカード、地域連携ICカードの企画が発表され、それに宇都宮市が最初に手を挙げて、宇都宮独自のICカードが Suica としても使える、相互利用可能な交通系ICカードになる事に決まりました。

totra のサービスは、バス(関東自動車およびJRバス関東宇都宮支店・西那須野支店)で 2021年3月21日に開始します。宇都宮LRTでは、開業の2022年に導入予定です。

これにより、これまでバスなどで Suica や PASMO が使えなかったのが使えるようになります。

コメント

コメントを入力. Wiki文法が有効です:
B Y L W N
 
交通系icカード.txt · 最終更新: 2022/09/08 04:21 by 宇都宮LRT研究管理人